Hangame SPECIALFORCE

Mod関連

自分用メモ③バイナリの書き換えでお手上げ

ddsの画像サイズが固定されているならば、文字数は結構制限されそうな予感がする。一番文字数が多かったのが、default.fontで、文字数はざっと数えて49x60で2940文字。この時点で、画像の5/4が埋まっている。

第一水準漢字のみで、2973文字あるので、なんとかなりそうだと思う。でも、ひらがなや記号を入れたら、オーバーしそうなので、文字制限に気をつけなければならない。
今考えているアイデアは、青空文庫から適当に外国人作家の作品を2、3冊DLし、漢字を抽出する方法。候補としては、スリーピー・ホローの伝説とドストエフスキーの適当な物で考えている。
作者リストに、スノウ・ジョンなる作者の作品があったが、著作権継続中とあるのでスルー。

あとは、スタチャンのゲーム・オブ・スローンズ・用語集を書き出して行けば、ほぼ完璧だろう。

便利なサイト
文字数カウンター
重複文字削除ツール

試しにdds画像を、実際にBitmap Font Generatorを使って作ってみる。すると、SOMAの時のように、.ddsと.fntが出来上がる。この.fontをTTGtoolで保存したcoordinate形式にする。

配置換え

おれ、プログラマとかじゃなく、素人なんで、バイナリ形式への書き換えの仕方が全くわからない。

自分用メモ②TTGtoolでフォント画像抽出成功

海外フォーラムでようやくフォントツールらしき物を発見した。

With font editor for GoT/TFTB
Download: http://file.quckly.ru/2eZmbBKY8mo3H0G
Few newer version: http://file.quckly.ru/f5G88DR7S8WDrAu
With font editor for TWD Michonne
Download: http://file.quckly.ru/5k2galA276O4TUS

このTTGtool、ロシア製である。ロシアと聞くと、なぜか中華ツールより危険なイメージがある。ウィルスは一応なかった。今回は、文字配置を知りたいため、予め中文化した物で作業。

フォントエディター

フォントの開き方は、
①「file」より.fontを選ぶ。
②赤枠の所で右クリック、『save as dds』を選ぶ。この時点で画像ソフトで見れる。
③緑の適当な所で右クリック、save coordinateをクリックで保存。(フォント位置情報、テキストエディタで見れる)

①の段階で、フォント画像がddsだという事がわかった。(マインクラフトだけ特殊なファイルの模様)
default.font
フォントedi

その他(Fell.font、Inperator_painted.font、OronteusFinaeus.font、TrajanPro.font、TrajanPro_painted.font)の画像
betu

因みに、画像サイズは
default.font が 1024x1024
Albertus.font が 2048x2048
Fell.font が 2048x1024
Inperator_painted.font が 4096x2048
OronteusFinaeus.font が 2048x2048
TrajanPro.font _painted.font が 4096x4096 である。

自分用メモ①:TellTaleGamesのフォント、字幕の試行錯誤

最終目標:中文化を使わず、ゲーム内ファイル(.ttarch2)をバラして、中のフォントファイル、字幕ファイルを差し替えてリパックして日本語化。まずは、フォントのみを取り出す。

アンパック使用ツール:Telltale TTARCH files extractor/rebuilder 0.2.9(現時点で最新)
Telltale TTARCH files extractorを解凍したら、
①解凍前の.ttarch2を入れるフォルダA、解凍後バラバラになったファイルを入れるフォルダBを用意する。
②新規テキストを作り、
ttarchext.exe
pause
ttarchext.exe (ゲーム番号) "ドライブ名:\フォルダA\解凍したい.ttarch2" "ドライブ名:\フォルダB"と記述する。保存して、拡張子を.batに直す。
ゲーム番号
extractor番号

記述例:
ttarchext.exe
pause
ttarchext.exe 57 "D:\フォント作成\before\GameOfThrones_pc_Project_txmesh.ttarch2" "D:\フォント作成\after"

③.batファイルを実行。解凍して出てきたファイルをいじる。
このフォントについては、参考になるサイトがなく、かなり悩んだ。
唯一参考にできたのが、3DMのフォントを作っていた人のヘルプテキストで、フォントが\Pack\default\2_WalkingDead101_english_pc_data.ttarchにあると分かったが、WDs2以降はファイルの構成が代わり、全てゲーム/Archives下にある。
海外フォーラムで、ようやくゲーム名_pc_Project_txmesh.ttarch2 が字幕フォントだという事がわかった。解凍して出てきたのが⇓

fontのファイル

この.fontは、 座標情報+DDS画像を固めたものらしいのだが、残念ながら、今のところこのバラし方がまったくわからない。
blogランギング

今後の中文modや日本語化について。

悲しい事に、このblogのアクセスの殆どがThe Walking Deadの日本語化についてである。(あとはLavieのCPU交換となぜかHDMIケーブルの記事が2割ぐらい)
今日、ついにSeason2のDLCであるMichonneが配信された。当然の如く、DLCに対応した中文化も、いずれ出るだろう。

つまりali213modを再び使う事になるので、公式?サイトのali213.net/hanhua/からダウンロードする事になるだろうが、現時点で非常に危険なサイトになっている。
具体的に言うと、modのダウンロード(下载)ページに行くと、こんな画面になる。
(注)ページの閲覧、Modのダウンロードは自己責任でお願いします!

ali213 kiken1

この状態でも、「詳細」をクリックして、「このサイトにアクセスをする」を選べば、ダウンロード出来るのだが、セキュリティソフトを起動していれば、おそらくウィルスチェックでfmodstudio.dllが削除されるだろう。
コレがないと、中文MODをインストールしても、起動しない。
しかし、インストールしたとしても、Game of thronesは起動ができなかった。Borderlandsは持ってないので、試してはいない。

この様な理由から、今までは、DL出来ない人のために、たまに中文modをアップロードしてたけど、これからは全て皆さん自身でやって頂きたい。

Michonneの情報交換、Modのインストールの情報交換などは、
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/game/52155/1374261319/  または
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/game/52155/1441255374/
で受け付けてくれるはずだ。
わかっていると思うけれど、中華圏のサイトからDLする事というのは、「殺るか殺られるか」の作業である。
つまり、週刊文春の記者並の胆力が必要である。それが嫌なら、誰かが上げてくれるYoutubeの字幕プレイでも見ながらやればいい。
・・・などと偉そうなこというが、肝心の翻訳は、私がやっているわけではない。

『Firewatch』、(多分)日本語化可能

登録してるYoutubeチャンネルで、また面白そうなゲームを見つけた。ゲーム名:Firewatch
2/10発売なのに、8607件ものレビューがあり、かなり注目されている。

それもそのはず。開発元は、『Campo Santo』というインディディベロッパー。実はなんと、Telltale GamesWalkingDead S1のリードライターだった人らが立ち上げた会社のようだ。Season2は別の人。どうりで糞ゲーなわけだ

ゲームの内容は、パークレンジャーのヘンリーが、謎の女上司デライラと・・・・・
まとめるのが面倒くさい。コチラを確認したほうが良い。

このゲーム、PCとPS4向けにも配信しているのだが、「PS4のトロフィーが日本語になった」とか、「Steamのフォーラムで後日、日本語配信するとあった。」が、検索してみても見当たらなかった。
公式サイトをみてみると、
Firewatch

ローンチ時は、英語だけだけど、いろんな国の言語を入れるつもりだよ。第一弾は、ロシア語(追加済)、ドイツ語、スペイン語、フランス語、中国語簡体字だよ。
こいつら全部やっつけたら、他の言語もやろっかな|ω・`)チラ
とあるので、待つのがいやなら、てめぇらでやれや。と言う事。

いつ順番がくるのか分からない中、日本語より順番が先なのに、せっかちな中華人民共和国のみなさん、自分たちで翻訳した模様。


仕事早過ぎるでしょ!!
短そうなゲームだけど、それでも早すぎる。所々にロシア語が表示されてるから、恐らくロシア語を中国語に書き換えているのだろう。HardWestもそんな感じだったし。
3DMmodのようだ。    誰かトライしてみてください。

追記3/27
ここのフォーラムで開発の人がローカライズのやり方を指南してるっぽい?
https://github.com/camposantogames/firewatch_localization
https://www.transifex.com/firewatch/firewatch-localization/
transifexに登録すれば、原文データをDLできるっぽい。
全部で6826ものセリフがあるようだ。公式サポートされていない(有志翻訳)のイタリア語が84%、オランダ語が62%完成したようだ。(公式の)フランス語とスペイン語は完成しているのになぜ配信しないのだろうか?っと思ったら、ラテン語のフォントが用意出来てないとある。

それと、中国人の皆さん、どうか『The Flame in the Flood』の中文化も、どうかお願いします!


追記3/27 日本語化プロジェクトが始まった模様。The Flame in the Flood Wiki*
blogランギング
Steam ID
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ