忘備録。ADB(Android Debug Bridge)、つまりAndroidのデバッグツール。
以前、一度インストールしたが、コマンド打っても反応なし、インストール容量も大きかったので、JAVA含めて削除してしまった。

しかし、新しく買ったスマホ、LeTV X600のRom焼きに、どうしても必要だったので、また頑張ってインストールしてみた。
・・・というのも、たった15秒でADBの環境が作れるという記事を見つけたからだ。

結果からいうと、本当に驚くほど簡単にインストールすることができた。

起動方法は、まず、スマホ側のUSBドライバをインストール。⇒次に、スマホの『ビルド番号』を数回タップして、開発者向けオプションを有効にする。⇒USBデバッグをオンにする。⇒PCとスマホ接続して、「win+X」でコマンドプロント起動。

必要最低限のコマンド一覧 (参考:塩田紳二のアンドロイドなう
adb devices 接続している端末の確認
adb install ファイル名.apk アプリインストール

adb reboot recovery 再起動し、リカバリモードに入る
adb reboot bootloader 再起動し、ブートローダーに入る

fastboot reboot-bootloader fastbootモードを再起動
fastboot flashing unlock ブートローダーをアンロック

これで、中華スマホのrom焼きが捗るぞ!
blogランギング