さて、一応普段使いできるかに思えたRedMi Note2だけど、コレ、凄いです!(ものすごく悪い意味で)
ゴミアプリのセール

おわかりだろうか?たった1ページだけでも、これだけのゴミ中華アプリが提供されている事を。しかも、常に4,5個が常駐している模様。

早速 setteing⇒Installed appsからいらないソフトを削除していくが・・・6割の中華アプリが消えない。特に、baiduに至っては、消えるどころか、勝手に更新してしまう始末。上の写真の53%の表示と所をタップすると、何故かロケットが出てきて、下に引っ張って話すと、ロケットが発射、機能がブーストする・・・みたいなチャイニーズジョークの糞アプリ。あと、頼んでもいないのに勝手に管理してくれる「申脳管家?」なるソフトも普通には削除出来ない。

ここまで頑固な中華アプリだと、コチラとしても何が何でも消してやろうと思い、1ヶ月くらい格闘してみた。
すると、海外フォーラムでカスタムリカバリの焼き方が書いてあってのでやってみる。まず、結果からいうと失敗で、危うくブリックしかけた。

ただ、このやり方で成功している人もいるみたいなので、一応書いておく。
ひなみに、俺のOSのバージョンはコレ⇓
OSバージョン

まず、海外フォーラムにある『UPDATE-SuperSU-v2.46.zip』 と『 TWRP 2.8.7』なる2つファイルをDLし、本体の適当な場所に入れる。

次に、元々ホーム画面にある『Tools』フォルダーから『Updater』を選ぶ。
それから、update pakegeから TWRP287.zipを選ぶ。(と書いてあるが、写真ではupdate.zipになっているので、自分はリネームしておいた。コレが失敗の原因かも知れない)
そうすると、アップデートの待機状態になり、一回電源が切れるが、オレンジの文字で大きくFAILEDと出て、頭が真っ白になる。しかし、すぐにRebootを選べる画面が出てくる。
buri

その後、再起動してなんとか事なきを得る。
いやぁ、危なかった。やはり、標準リカバリでバックアップも作らずに、いきなりカスタムリカバリを入れようとしたのはRockすぎたのか?
rom焼きとかroot化とかは、システムの勉強をちょっとかじった奴ら(ADB使える連中)の専売特許なのかと、心が折れてしまった。