Hangame SPECIALFORCE

紅米 Redmi Note2買いました!&とりあえず、使えるように設定。

去年の暮れぐらいにZenFone 5 (A500KL) に機種変更した。LTEもMVNOの登場で大夫安くなってきたし、電波の掴みもよく、満足していた・・・がカメラが800万画素しかなく、それが不満だった。
なので、巷で話題になっている、中国のappleこと、小米(Xiaomi)のスマホがずっと気になってしかたない。2~3万の値段でキャリアの端末より優れているなんて、実際試してみたい!

丁度9月の半ばくらいに、以前いた会社の同僚が、無錫に出張するとの事だったので、ちょっと気になっていた中華製品を買ってきてもらった。(あと、ONDA V919 Air 黒金版)
お値段、1080元(約21000円)
スペック表
honntai

コレ、凄いです!(まずは良い意味で)
まとめスペック

オクタコアのスペックも凄いけど、何より最初からiijimo等の主要MVNOのAPN設定が設定済み!
しかも、自分で設定すれば、OCNモバイルoneのsimもしっかりLTE掴んでくれた!速度も満足。
しかし、中華スマホにはgoogleプレイストアが入って無い・・・・ので、コレを何とかする。

早速ぐぐって見ると、Mi app storeなる、メーカーオリジナルのストアから『谷歌应用下载器なる物をダウンロードし、そのアプリを使ってダウンロード・・・・なんていう方法があったけど、アプリをDLするためにアプリをDLするのは馬鹿らしいので、他に何か方法がないか探した所、あった。

コチラのサイトを参考に、Mi Accountを作り、ダウンロード。(ファイル名:Manual_GAPPS_MIUI6-LLPop.zip)
解凍して出てきた、①com.android.vending_80310011.apk、②com.google.android.gms_6599036.apk、③com.google.android.gsf.login_17.apk、④com.google.android.gsf_17.apk の4つのファイルを本体に入れ、ファイルマネージャーなどからインストールする。順番は関係ないが、まれにplaystoreからインスコすると、失敗する可能性があるらしい。
さて、無事Playsotreがインスコできたら、後はSimejiやgoogle日本語等の入力ソフトをいれたら、さらに、LINEやブラウザをいれて、普段使いの初期セットアップは完成・・・なのだけど・・・

SC-02Cのrom焼き補足。

一年半放置していたので、記憶があいまい。
後で結果まとめます。

Rainbow Six:Siegeのオープンβクライアントが配信開始。

Rainbow Six:Siegeのオープンβのがついに25日に始まる。期間は11/25~11/29までで、以前クローズドβに参加した人は、今夜からプレイ可能らしい。

R6β

北米ストアにアクセス出来る人を前提に説明すると、クライアント自体は、すでに配信が開始されているが、ストアのページには、製品版とgold版の予約しか見当たらない。正直、NXEのアップデート後のストアページ、使いづらい。
検索で、Rainbow Sixといれると、

r6b2

see allを開くとある。
r6b4

Xboxカナダで、One用のキー配布していたけど、入手出来なかったので、今回が初めてのβ参加になる。
最近思うのだが、発売2,3ヶ月前のβって、フィードバックとか間に合わないと思う。ただの先行体験会でしかないよ。
あまり、Siegeに付いての情報を集めてなかったんで、調べてみた。


本作、Siegeでは、ベガスの様に自由にガジェットや武器をカスタマイズ出来るわけではなく、オペレーターという専門職ごとに、使える装備やガジェットが固定されている。例えば、SASなら

sas

スレッジ:ブリーチングハンマーでドアや壁を壊して、通路を確保。プライマリはM590A1かL85A2。セカンダリはMac11かP226。
ミュート:ジャミング装置が使える。ドローンの映像受信妨害や、ブリーチチャージ等のガジェット無効化。プライマリはMP5KかM590A1、セカンダリはP226
サッチャー:EMPグレネードが使える。プライマリはK33かL85A2。セカンダリはP229。
スモーク:催涙ガスが使用可能。プライマリはFMG-9、M590A1。セカンダリはP226、SMG-11

・・・・なんか公式でもあまり詳しく説明されてない。なので、後で更に調べてまとめてみようと思う。

『SOMA』の日本語フォントを作ってみる②

なぜ二枚出力されるのか、色々調べてみた。まず、出力された.fntと中文化された.fntを比べてみる。

すると、中文フォントは(chars count="2075")、日本語フォントは(chars count=7037
実に、3倍もの量がある。記号とかを省いても、コレは多すぎだろう。

では、どうするべきか?単純に、縦横を1024から2048にしてみた。ddsファイルは、2の乗数であれば、変換できるらしい。
すると、ちゃんと1枚のpngで出力された!

あとは、コレをddsファイルに変換すれば良いのだが、dds converterでは結構画像が劣化するようだ。
なので、今、良いフリーソフトを探しているが、フォトショップならかなり綺麗に出来るらしい。(誰か持ってる人作ってくれないかなぁ・・・・

仕上げに、日本語fntファイルの対応する部分(char idとか)を、中文フォントのfntに移し替え、ddsファイルを中文フォントの名前で出力すれば、完成・・・・のはずである。

なんか、SOMAで検索して来る人が増えてきたので、一応、中文化modと再配布、改造可能なフリーフォント、読み込み用字幕をあげときます。

追記:日本語MODが完成したようなので、削除。

ウィルス反応は、俺のPCでは検出されなかったけど、一応自己責任でよろしく。
ウィッチャー3買ったし、来月にはFallout4でるので、SOMAはセールまで待とうと思う。

『SOMA』の日本語フォントを作ってみる①

前回でフォントとテキストを抽出出来たので、ちょっと中身を詳しく調べてみた。

どうやら、.langのファイルは全て字幕ファイルで、文字コードUTF-8で編集すれば良いらしい。
フォントについては、fontフォルダにある⇓
フォント解説

どうやら、.ddsのフォントは、画像ファイルと.fntと言う位置情報ファイルのセットで一つのフォントを管理しているようだ。つまり、全部で10個のフォントを作れば良い。
では、実際にトライしてみる。

まず、使いたいフォントをインストール済み前提で説明すると

Bitmap Font GeneratorをDL、インストールする。
②次にソフトを起動し、option⇒fontsettingで、PCにインストールしてある好きなフォントを選ぶ。
font作成1

出力するファイルの設定は、中文化フォルダの適当な.fntファイルを開けばわかるが、全て同じ大きさである。
例:sansation_large_bold.fntの場合 info face="123" size="20" bold="0" italic="0" charset=""
  sansation_small.fntの場合   info face="123" size="20" bold="0" italic="0" charset=""

③option⇒Export Optionsで出力設定をする。
font作成2

コレについては、かなり悩んだ。後述するが、結論から言うと、縦横幅は、1024では失敗してしまう。

④次に、Presetで「White text with alpha」を選ぶ。コレで背景透明の白文字ができるが、黒背景の白文字でも作れるらしい。便利なソフトだ。続きを読む

Deus Ex:Human Revolution Director's Cut 中文化可能=日本語化可能?


ついさっきまでセールしてたDeus Ex: Human Revolution - Director's Cutの中文化。公式サポートかと思ったが、ストアページに中国語の明記がないので、やはりModだろう。

どうやら、3DM版のようだ。
Xbox版はプレイ済み。日本語化出来る無印版は、もうsteamから削除され、今、購入できるのはDC版のみ。
そのDC版は、すでにDLCも全て翻訳されており、フォントだけがない状態なので、このModを研究してフォント作ってくれるイケメン、現れるといいな。
このゲームやると、なぜか『J・M』が凄く見たくなる。
Steam ID
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ