Hangame SPECIALFORCE

みなし残業ってやばいね。

6,7月の残業がやばい・・・
ここまで残業したのは、新卒で入った某ブラック不動産会社以来だわ・・・・
40時間超えないと残業代がもらいないって・・・

ずっと本部の営業でぬるま湯に使っていたから、久しぶりの現場キツイ・・・・
他の立ち上げのメンツが平均31だから、かなり大変である。転職市場が35までってのはよくあるけど、その理由がようやくわかった気がした。

男1匹、30から35年、社会で生きてきたら、自分なりのやり方に変に自信を持ってしまうものなんだな。リーダー、お疲れ様です。
去年、腸炎を患って以来、無理してまで働く事は絶対にやめようと思ったが、今月の手取りを見て少しにやけてる自分がいる。
はぁ、学習能力がないな、俺。健康は金で買えないのに・・・
10時以降の残業が多いと、健康診断をうける必要があるの知らなかったわ。

自分用メモ③バイナリの書き換えでお手上げ

ddsの画像サイズが固定されているならば、文字数は結構制限されそうな予感がする。一番文字数が多かったのが、default.fontで、文字数はざっと数えて49x60で2940文字。この時点で、画像の5/4が埋まっている。

第一水準漢字のみで、2973文字あるので、なんとかなりそうだと思う。でも、ひらがなや記号を入れたら、オーバーしそうなので、文字制限に気をつけなければならない。
今考えているアイデアは、青空文庫から適当に外国人作家の作品を2、3冊DLし、漢字を抽出する方法。候補としては、スリーピー・ホローの伝説とドストエフスキーの適当な物で考えている。
作者リストに、スノウ・ジョンなる作者の作品があったが、著作権継続中とあるのでスルー。

あとは、スタチャンのゲーム・オブ・スローンズ・用語集を書き出して行けば、ほぼ完璧だろう。

便利なサイト
文字数カウンター
重複文字削除ツール

試しにdds画像を、実際にBitmap Font Generatorを使って作ってみる。すると、SOMAの時のように、.ddsと.fntが出来上がる。この.fontをTTGtoolで保存したcoordinate形式にする。

配置換え

おれ、プログラマとかじゃなく、素人なんで、バイナリ形式への書き換えの仕方が全くわからない。

自分用メモ②TTGtoolでフォント画像抽出成功

海外フォーラムでようやくフォントツールらしき物を発見した。

With font editor for GoT/TFTB
Download: http://file.quckly.ru/2eZmbBKY8mo3H0G
Few newer version: http://file.quckly.ru/f5G88DR7S8WDrAu
With font editor for TWD Michonne
Download: http://file.quckly.ru/5k2galA276O4TUS

このTTGtool、ロシア製である。ロシアと聞くと、なぜか中華ツールより危険なイメージがある。ウィルスは一応なかった。今回は、文字配置を知りたいため、予め中文化した物で作業。

フォントエディター

フォントの開き方は、
①「file」より.fontを選ぶ。
②赤枠の所で右クリック、『save as dds』を選ぶ。この時点で画像ソフトで見れる。
③緑の適当な所で右クリック、save coordinateをクリックで保存。(フォント位置情報、テキストエディタで見れる)

①の段階で、フォント画像がddsだという事がわかった。(マインクラフトだけ特殊なファイルの模様)
default.font
フォントedi

その他(Fell.font、Inperator_painted.font、OronteusFinaeus.font、TrajanPro.font、TrajanPro_painted.font)の画像
betu

因みに、画像サイズは
default.font が 1024x1024
Albertus.font が 2048x2048
Fell.font が 2048x1024
Inperator_painted.font が 4096x2048
OronteusFinaeus.font が 2048x2048
TrajanPro.font _painted.font が 4096x4096 である。

自分用メモ①:TellTaleGamesのフォント、字幕の試行錯誤

最終目標:中文化を使わず、ゲーム内ファイル(.ttarch2)をバラして、中のフォントファイル、字幕ファイルを差し替えてリパックして日本語化。まずは、フォントのみを取り出す。

アンパック使用ツール:Telltale TTARCH files extractor/rebuilder 0.2.9(現時点で最新)
Telltale TTARCH files extractorを解凍したら、
①解凍前の.ttarch2を入れるフォルダA、解凍後バラバラになったファイルを入れるフォルダBを用意する。
②新規テキストを作り、
ttarchext.exe
pause
ttarchext.exe (ゲーム番号) "ドライブ名:\フォルダA\解凍したい.ttarch2" "ドライブ名:\フォルダB"と記述する。保存して、拡張子を.batに直す。
ゲーム番号
extractor番号

記述例:
ttarchext.exe
pause
ttarchext.exe 57 "D:\フォント作成\before\GameOfThrones_pc_Project_txmesh.ttarch2" "D:\フォント作成\after"

③.batファイルを実行。解凍して出てきたファイルをいじる。
このフォントについては、参考になるサイトがなく、かなり悩んだ。
唯一参考にできたのが、3DMのフォントを作っていた人のヘルプテキストで、フォントが\Pack\default\2_WalkingDead101_english_pc_data.ttarchにあると分かったが、WDs2以降はファイルの構成が代わり、全てゲーム/Archives下にある。
海外フォーラムで、ようやくゲーム名_pc_Project_txmesh.ttarch2 が字幕フォントだという事がわかった。解凍して出てきたのが⇓

fontのファイル

この.fontは、 座標情報+DDS画像を固めたものらしいのだが、残念ながら、今のところこのバラし方がまったくわからない。
blogランギング

『Firewatch』、(多分)日本語化可能②

前回日本語化出来そうだと書いたFirewatchだが、公式で予告されていた「ドイツ語」、「スペイン語」、「フランス語」、「中国語簡体字」が配信された。

これで他の言語も対応していくのかと思いきや、
”Existing and possible additional localizations will also make their way into the PlayStation 4 version of the game in a future update.” とあるので、次はこれらの言語のPS4への適用に力を注ぐようだ。

これで、日本語アップデート(但し、ソースは見当たらず)はしばらくお預けのようだ。
只、公式が、どうやら原文テキストを公開した模様。   ⇒こちら

あとは、フォントを作れれば良いのだが、Unity Assets Explorerを使えば、出来そうである。  ⇒こちら
Unityは、昔Shadowrunのsharedassets1.assetsを開こうとしたが、結局諦めてしまった。


テキストの方は、時系列順で並んであるため、和訳も楽だろう。
blogランギング

HumbleBundleでTellTale Bundle販売開始。

画像クリックで販売サイトに飛ぶ。
humble telltale

このバンドルの中で、現時点で日本語化Modが完成しているのは、

『The Walking Dead - Season 1+400days』(3DM、Ali213どちらでもDLCまで日本語化可)
『The Walking Dead - Season 2』(ali213のみ。) 詳しくは、wikiを読むように。

未完成だが、日本語化出来るのは
『Back to the Future: The Game 』Ep3まで
『The Wolf Among Us』Ep1までである。(ali213)只、翻訳者多忙のため、翻訳作業がしばらく休止の模様。

『Tales from the Borderlands』は、ボダランの本スレで翻訳試してた人がいたが、ほぼ手付かずの状態。『Game of thrones』は、今、TWDs1の3DM版を参考に、フォント抜き出すためにTelltale extractorと格闘中である。

余談だが、『The Walking Dead Michonne』が中国語に正式対応したので、中文modがなくなってしまった。これにより、いままで作っていたali213mod用のフォントファイルが使えなくなった・・・
ただ、光明が見えた。どうやら、アラビア語化に成功したみたいだ。



確実に日本語化できるのはわかったのだが、フォントが収納されている.ttarch2ファイルの場所、Telltale extractorの効率のよい使い方、TTGtoolのリパック方法がよくわからいないので、苦戦している。
blogランギング
Steam ID
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ